錦織圭を育てたコーチのテニスレッスンDVDが新発売!

錦織圭テニスレッスンDVD

↑画像クリックで詳細が確認できます。とにかく凄いです!
錦織圭のそのままのフォア&バックが打てるようになります。一度ご覧ください。

Rio的このDVD紹介記事はこちら

テニスの極意!スライスボールの返し方

 

こんにちは、Rioです。images

実はプロも苦手!?

スライスボールでよくミスる。

 

 

 

 

プロでの試合でもよく見る光景なのですが、
強烈なスロークの打ち合いの中で、

 

『フワーっ』っと

 

まっすぐ飛んでいくスライスボールを混ぜています。

 

 

なぜか、ミスる選手が結構多い!

 

特に、バックハンドがダブルハンドの選手のバックサイドに
スライスボールがいくと、よくミスってますよね?

 

ま!片手バックハンドでも、フォアハンドでも
結構ミスってるんですけどね(笑)

 

 

理由の一つとして、
色々なリズムが崩されることにあります。

 

 

まず一つ、球威!

 

スパーン スパーン と
威力のある重いボールを打ち合っている中で、
急に軽いボールが来た場合、
同じような球威だと思って、体が勝手に
打っちゃうんですねぇ・・・。

 

この球威に負けないくらいの
程よい力で迎え撃たないと!と思って、
何球も同じような球威に合わせていたら、
脳が覚えてしまうんですねぇ。

 

 

このスピードは、この威力!って・・・

 

 

打ってみて、「はい!残ねーん!」
スポーンと軽い手応えで、ネットに引っかかるんです。

 

 

 

その2

ストロークのリズムと、バウンドしてから
打点までの、ボールがくる速度の変化があげられます。

 

 

リズムよくストロークをしているなかで、
スライスボールは、空中で伸びますから、
落ちるまでの時間が、長くなるんですねぇ。

 

 

そんでもって、打球の落下予測地点よりも
手前に、きちゃいますので、
食い込まれる!!

 

さらに、スライスボールは、
打ち方によって、同じ弾道でも
2種類の跳ね方をします。

 

 

バウンドして、すべるように伸びる!

バウンドして、いっきに球威が落ちて伸びない!

 

 

テニスが上達してくると、
同じフォーム&同じ弾道のスライスボールで、
2種類の跳ね方をさせることが
出来るようになるんですよ♪^^

 

更にその上にいくと、
同じフォームで、サイドにキレるスライスボールも
打てるようになっちゃいます☆

 

 

高速スライスで、サイドにキレるボールを打って
アプローチショットとして使うパターンが多いですね。^^

 

 

これのメリットとして、アプローチを打たれたほうは、
鋭角に高速で、コースに打たれたスライスボールに対して、
必死に反応しなければなりません。

 

それプラス、アプローチで
相手がネットプレーに出てきているのですから、
プレッシャーもかかります。

 

パッシングを打てるコースを、とっさに探しながら
ボールを追いかけて、更に打たなければならないので、
どうしても、ボールを打つ打点の位置を
予測しながら、『感』で打つ羽目になります。

 

 

普通の正直なバウンドでしたら、
それでもラケットにきちんと当たり、
返球も可能かもしれませんが、

サイドスピンのかかった、高速スライスは、
予測してあった打点とは、全然違う位置にバウンドします。

 

 

これにより、プロでもラケットヘッドに当ててしまって、
観客席までボールが吹っ飛んでいくという
「あれれ?」的な現象が起きてしまうんです。

 

 

その3

ボールのスピンの回転方向

 

通常のストロークは、トップスピンで打ち合っています。
ボールの回転は、自分から相手の方向に
転がっているような、回転がかかっていますよね?

 

相手は、トップスピンで返すわけですから、
更にその回転を、逆回転にするように
擦り上げなければ、いけないはずです。

 

回転を逆回転にするということは、
物凄い勢いで、トップスピンをかけなければいけません。

 

では、

 

スライスボールの回転はどうでしょうか?

 

 

自分から相手方向へ転がる回転と
まったく反対の回転ですよね?

 

 

何も気にせずに、いつもの調子のトップスピンを打つと、
自分の方向へ向かって下から上に向かって
回転しているボールに対して、更に下から上への
スピンをかけることになってしまうんです・・・。

 

 

すると!

 

 

ボールは相手コートに届く前に落下して、
ネットに引っかかってしまいます。(悲)

 

 

ダブルハンドのバックハンドで、特に打つのが
難しいのが、低空飛行の高速スライスです。

 

できれば、バックハンドのスライスで
対応した方が、打ちやすく、ミスも少なくなると思います。

 

片手バックハンドの方が、
低空飛行の高速スライスに対しては、
しっかりトップスピンで打っていきやすいですね。

大差は無いですが・・・。

 

逆にダブルハンドのバックハンドは、
肩ほどの高さのトップスピンのを、トップスピンで返しやすい
というメリットがあります。

これが、片手バックハンドでは
意外と難しいんです・・・。

 

 

はい!話がずれてますね~(苦笑)

 

戻ります。

 

スライスボールを、確実に返球していくためには、
まず、しっかりと体の軸を安定させて、
いつもよりも、しっかりと腰をおとして、
早めに溜めて待つようにしましょう!!

これにより、高速スライスの場合も、
あわてることなく、しっかりと腰が落ちているので、
しっかりと迎え撃つことが可能です。

 

思ったよりも跳ねてこない場合でも、
「グッ」と、前に軸を崩さないように
平行移動しながら打つことで、しっかりと威力のある
打球を、返球することが出来ます。

 

この場合に、よくミスしがちなのが、
平行移動ではなくて、斜め前に伸び上がるように
トップスピン打ってしまう場合です・・・。

 

初心者から少し上達した中級者に
よく見られるミスです。

 

普段よりもトップスピンの量を少なくして、
(フラット気味)に、軸を平行移動させながら、
しっかりと、相手のオープンスペースに
『運んで』打つようにしましょう!

 

これができると、リズムを狂わされないどころか、
自分のチャンスボールとして、
相手のスライスボールを返球することができますので、
『守り』から『攻め』の状態になり、
攻撃する側へ転じることが出来ます!

 

あまり感じないかもしれませんが、
テニスも、サッカーやアメフトのように、
1プレイの中に、『攻めの時間』と『守りの時間』が
存在します。

 

サーブから、全てのリズムを
自分主導で展開できるから、サーブ権のある方が
有利なのです。

 

レーシーブから、数少ない
『攻め』へ転じるチャンスを、どれだけものにできるかで、
華麗なブレイクを決めることができます。^^

 

相手が攻撃したはずの、スライスボールを
きっちり、しっかり返球して、
メンタル的にも、主導権を自分のものにしましょう!!

 

では、また♪

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す