錦織圭を育てたコーチのテニスレッスンDVDが新発売!

錦織圭テニスレッスンDVD

↑画像クリックで詳細が確認できます。とにかく凄いです!
錦織圭のそのままのフォア&バックが打てるようになります。一度ご覧ください。

Rio的このDVD紹介記事はこちら

バイオミメティック600試打レビュー(使用感)と口コミ

 

こんにちは、Rioです。

今日もテニスで、
バイオミメティック600を打ってきました♪^^

bm600

 

ダンロップが提供している情報は、上の画像の通りです。

使ってみた感想を正直に言うと、『あれ!?』です。

 

実際に打ってみたのは、

  • グリップサイズ2
  • ストリングテンション 縦横60 & 縦55横52 の2種類

のものです。

 

バイオミメティック系ラケットの特徴の
動画紹介は、以前の記事で行っておりますので、是非ご覧下さい♪^^

 

動画はコチラの記事に御座います。(クリックすると別画面で記事が開きます。
↓↓↓

バイオミメティック200ツアーの口コミ・レビュー(使用感)

 

上の記事は、Rioのバイオミメティック系のラケットの
試打レビューの基礎にもなっておりますので、よろしくお願いします。^^

 

 

 

 

というわけで、今回のメインとなるコチラ

バイオミメティック600

 

bm600

 

赤○のところに注目です!!

以下、200ツアー

bm200t

 

赤○で囲んである、ゲージの

ピンクが、パワーです。

黄緑が、コントロール。

 

バイオミメティック200ツアーと比べてみると、
コントロールが失われるかわりに、パワーが上がっています!!

 

パワーとコントロールは、反比例し、
パワーが上がれば、コントロール性が失われ、

コントロール性が上がれば、パワーが失われるお話も
以前の記事でしております♪^^

 

 

 

はい!では、

 

バイオミメティック600の感想レビュー

 

 

冒頭でも述べておりますように、
全体として、Rioが感じたことは『あれ!?』ですが、
細かく分析いたします。

 

まず、ラケットを振ってみた感想なのですが、
フレームが、フニャフニャなんだろうなぁと思っていたのに、
実際は、意外としっかりしていました!!

 

 

そして、『軽い』!!(笑)

 

 

バイオミメティックラケットの特徴でもある
ラケットヘッドの振り抜きの良さ。

 

これが、バイオミメティック600からも
ビンビンと伝わってきます!さらに、『軽い』!!

 

 

さっきから、『軽い』『軽い』と言っていますが、
Rioの愛用が、バイオミメティック200ツアーで、
その重さが、334gあるから

軽いって言ってるんでしょ!

と、思われてもズレが生じてしまいますので、
ここは一つ、登場して頂きましょう!

 

 

 

現代テニスの基本スペックラケット

バボラのピュアドライブさん!!

 

この、最高のバランスと打ちやすさを兼ね備えた
プラチナスペックラケット、ピュアドライブをベースにレビューします!

 

 

Rioがピュアドライブを打ってみた感想を、
先に、簡単に申し上げますと、

 

『楽(らく)!!』(笑)

 

これしか言葉が出てきませんでした。^^;

 

 

打ちやすい、安定している、振りやすい、
食いつき感アリ、安心感抜群!
ちょっとのミスもカバーしてくれる!!

 

試合の時に、何よりも安心を与えてくれる
素敵なラケットだと感じております♪^^

 

ピュアドライブのレビュー!以上 終わり!!(ハヤッw
詳しいのは、別記事でご案内しますね^^;

 

 

 

 

では、バイオミメティック600に話を!

 

バボラのピュアドライブのラケット重量は、300g

バイオミメティック600のラケット重量は、283g

 

この点からしても、『軽い』事がわかります。^^

 

 

そして、平均バランスポイントが、両ラケットとも
320mmで、同じであるのにもかかわらず、

 

振り抜き時の、ラケットヘッドの軽さは
数倍、バイオミメティック600のほうが軽く感じます!!

 

 

ラケット自体が軽いからではなく、
振り抜き感が軽いので、お間違いなく。

 

 

ラケットには、ヘッドライトとヘッドヘビーが存在します。
(ミディアムもありますが、省略)

 

ヘッドライトは、ラケットの面の部分が軽いラケットのことです。

ヘッドヘビーは、ラケットの面の部分が重いラケットのことです。

 

 

ヘッドライト(別名:トップライト)のメリット

 

スイングがしっかりしている人であり、自らの身体能力で
ボールにパワーを伝える技術のある人であれば、

ヘッドスピードが軽いメリットを生かして、スイングスピードを
早くして、パワーショット(強打)を打つことができます。

ネットプレー(ボレー)時も、ラケットヘッドを操りやすいので、
ヘッドヘビーのラケットよりも、ネットプレーがしやすいのが
大きな特徴です。^^

 

基本的に、中級以上のプレイヤーで
ネットプレイヤー、オールラウンドプレイヤー向け

 

 

ヘッドヘビー(別名:トップヘビー)のメリット

 

ラケットに仕事をさせて、綺麗なフォームでスイングするだけで、
ラケット自体が、ボールにパワーを与えてくれます。

特に、身体能力や体のバネでボールにパワーを与えなくとも、
ボールにパワーが伝わります。

重いボールに対しても、しっかりとしたスイングが出来ていれば、
さほど力負けすることなく、相手の打球を返球することが可能です。^^

 

基本的に、初級プレイヤーでも安心
ベースラインプレイヤー向け

 

 

 

 

トップライトなどの、ラケットのウエイトバランスは、
また別の記事で紹介いたします。^^;

長くなりますので・・・。

 

 

というわけで、320mmという同じ重心位置のラケットなのに、
ラケットヘッドの振り抜き感が何倍も違う!ように感じるのは、

バイオミメティックの特殊構造が、
そうさせているからに他なりません。

 

 

とにかく、軽いんです(笑)

 

重量自体も、振った時のラケットのヘッドの重さも驚異的に軽い!

 

自由自在に、振り回せる!!

 

これが、バイオミメティック600を振ってみた感想です!(長かった・・・

 

 

 

次!

 

 

実際にボールを打ってみた感想です。

 

Rioは、ガットのテンション60 と 55-52 の
2種類のバイオミメティック600を試打しています。

 

ガットのテンション60は、正直に言って
ある程度ちゃんとスイングできて、ボールにパワーを伝えれる人が
使用すると、とんでもないことになります!

 

 

その有り余る反発力を、制御しきれません!(笑)

 

 

『グッ』と、いつものように打ち込むと、
全力で、ベースラインをオーバーします!何度やっても同じでした。

※打ち方にもよるんですかねぇ^^;

 

スピンをかけようとするのですが、テンション60では、
ガットに打球感を感じて、擦り上げる以前に、
ボールが、フェイスから離れてしまいます。

 

よって、重いスピンが打てないんです・・・・。

 

 

Rioは、テンション60で貼った
バイオミメティック600を、全力状態で操ることは

できませんでした!

 

 

 

情けないです・・・(泣)

 

 

 

しかし、テンション60で貼った場合でも、
綺麗なスイングで、コースへ送り込むようにスイングすると、
なかなか良いボールが、

『スコーン♪』

 

と返っていきます♪^^

 

Rioは、基本的に、
テニスボールをラケットで、ひっぱたいて打ちます。

いや、ぶっ叩くが適切でしょうか・・・。

 

 

 

バイオミメティック600は、ヘッドヘビーのラケットではありませんが、
スイングの力だけで 『イイ打球』が、相手コートのコースに返球できます。

 

もちろん、ヘッドライトですので、
ネットプレーのしやすさは抜群です♪^^

 

 

 

55-52で、ガットを貼ったバージョンは、本日試打してきました。

 

テンション60よりも、全然イイです!(笑)

 

テンションが下がったことにより、ラケットに食いつく
(長く乗せていられる)時間が長くなることにより、
コントロール性も、打球感も増しました♪^^

 

 

 

ちなみに、

 

ワイパースイングが、
メッチャ打ちやすいです☆☆☆

 

 

ワイパースイングは、グリップエンドを先に
打点まで移動させて、その後
ラケットヘッドの加速で、ボールをぶっ叩いた後に、
腕と手首を同時に内転させる打ち方になります。

 

このラケットヘッドの加速は、

ラケットヘッドの振り抜きが
早ければ早いほど、やりやすいです。

 

ラケットが軽ければ軽いほど、
そこからの、腕の内転時の負担が軽いので、
スムーズに、ワイパースイングでボールを打つことができます!^^

 

 

 

 

バイオミメティック600の感想を、まとめますと、

 

メリット

  • かなりシャープで、キレのあるラケット!しかも『軽い』。
  • 反発力が尋常じゃなく高いので、綺麗なスイングフォームで運ぶだけで、素敵な打球が相手コートに返る。
  • ラケットヘッドが軽く、振り抜けが良いので、
    急角度のコースへの打ち分けが可能!
  • ネットプレーにおいても、ラケットがさばきやすい。

 

 

特殊メリット

  • ワイパースイングが非常に打ちやすい!
  • 片手バックハンドのトップスピンが打ちやすい!
    もちろんフラットも!!
  • 片手バックハンド時の、ラケットヘッドの出てくるスピードが
    ハンパじゃないです♪^^ (Rio的高評価
  • これにより、溜めまくって
    ギリギリまでコースを見定めて、ショットを打つことができます。

 

 

デメリット

  • 振り抜きが良い、スイングだけで良いボールが返球できるといっても、ラケット自体の重量は、非常に軽いので、強烈なスピンボールや、重たい打球に、ラケットが弾かれやすいように 感じます。
  • ラケットが軽いので、弱いチャンスボールと重いストロークのボールへの タッチの感覚を、非常に敏感に感じ取ってしまいます。
    ※重いラケットは、ラケット自体がボールの重さを飲み込むので、
    そこまで、タッチの感覚の差を感じません。
  • 重いラケットと比べると、ラケット自体が軽いので、
    重いボールを打つのが非常に難しく、技術と体力が必要。
    ※重いボールを打つのが目的であれば、重いラケットを使ったほうが楽です。

 

 

 

デメリットの解消方法&バイオミメティック600の使い方

 

デメリットを解消するためには、常に自分の打点で
ボールをヒットする必要があります。(テニスの基礎ですが^^;

 

自分の打点=自分のスイングで一番力が入るところ

 

これは、バイオミメティック600の生かし方でもあるのですが、
ラケット自体が軽いので、スイングをある程度素早く
自分のリズムで、ピッチを上げて行うことができます。
(普段よりも、早いスイングスピードを毎回行えるということ)

 

これを自分のものにして、綺麗なスイングを習得し、
常に自分の打点まで、ボールを引き込んでから打つことができるようになれば、
バイオミメティック600のデメリットは、全て解消されます。

重いラケットに比べると、若干
重いボールは、やっぱり重く感じますが・・・。(範囲内

 

相手の打球が、どんなに早くて重くても、
自分の打点で、ブロックショットをするだけで、
バイオミメティック600の持ち味でもある反発力が、
相手コートに、鋭い打球を返球してくれます♪^^

※コントロール重視の反発力の無いラケットでは、これができません。

 

 

 

バイオミメティック600に、向いている人

 

綺麗なスイングで、軽やかにテニスをしたい人に向いています。

 

また、それをできるプレイヤーはもちろん、
それを目指すプレイヤーに、おススメのラケットです♪^^

 

自分の打点で、どんなボールでもヒットできるようになれば、
このラケットは、本当に使いやすい万能ラケットになりうると思います♪

 

※向いていない人は、Rioのように、
ボールをガンガンぶっ叩いて打つ人には向いていない気がします。^^;

 

 

バイオミメティック600の詳細はコレだ!!

 

実際の、バイオミメティック600のラケットデザインは、
フレーム全体が、つや消しになっており、
物凄くカッコイイデス!!

 

デザイン的には、バイオミメティックシリーズで
間違いなく一番カッコイイデス♪^^ 30歳男性Rio談

 

ラケットが、とっ~~~ても軽いので、

男性、女性、子供、お年寄り、どなたが使用しても、まったく問題ないです!!

 

Rioが言い切ります!

 

しかも、自然に綺麗なスイングでプレイするだけで、
楽に、楽しく、『力要らず』で、いい打球を打つことができますので、

変に怪我する心配もありません♪^^

 

ラケットが軽いので、走る時も、打つときも
振り回すのに体力を消耗しないので、省エネテニスにも向いています☆

 

特に、これからテニスを始める初心者の方や、
今の自分のテニスに満足ができていないプレイヤーの方に

強く、強く、おすすめしたい一本で御座います♪^^

 

 

バイオミメティック600を使用しているプロ選手

 

lob

↑画像クリックで、別画面で拡大します!

情報元サイトはコチラ⇒ バイオミメティック専門サイト

 

 

tlob

 

 

 

はい、バイオミメティック600について、
色々とレビューしてきましたが、

これまでの内容は、あくまでも
このブログの管理人であるRioの主観です。

 

人によっては、テニスのスタイルも筋力も違いますので、
もちろんラケットを使ってみた感覚も違うと思います。

 

できるだけ、わかりやすく万能にレビューしているつもりですが、
私ではない人が打った感覚は、私にはわかりません・・・。

 

メーカーが提供している内容と、個人のレビューを
沢山読んでみたり、『この人の感覚と自分の感覚は似てる!』という
レビューしている人を見つけることで、

新しいラケットを探している時に、
信用できる情報に出会えると思います♪^^

 

それでは、これにて、
Rioのバイオミメティック600のレビューを終わりたいと思います♪

 

最後までお読み頂き、誠にありがとう御座いました。

 

尚、Rioはいつでもバイオミメティック600を
打つことの出来る環境にいますので、ご質問や検証してほしいことが
御座いましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。^^

 

では、また♪

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す