錦織圭を育てたコーチのテニスレッスンDVDが新発売!

錦織圭テニスレッスンDVD

↑画像クリックで詳細が確認できます。とにかく凄いです!
錦織圭のそのままのフォア&バックが打てるようになります。一度ご覧ください。

Rio的このDVD紹介記事はこちら

テニス上達の極意中級者編:他人のマネばかりしない!本物の強さを手に入れる!!

 

こんにちは、Rioです。images

テニスの本物の強さを伝授します!!

テニス初心者の方は、
まず、上手な人のマネをすること、

 

 

そして、上手な人からコツを教えてもらうことで、
とりあえずテニスができるレベルに達します。

 

 

サーブができる!ストロークができる!

ネットプレー(ボレー)ができる!などなど

 

 

特に難しい打ち方をできるというわけではなく、とりあえず
フォアハンドが打てる、バックハンドが打てる。

 

サービスも、スピンサーブが打てなくても、

とりあえず、上からサーブを打って
相手コートのサービスエリアにいれることができる。

 

もうこれができれば、私はテニス初心者ではないと思っています。^^

 

だって、多くのテニスプレイヤーの方々は、
試合でガンガンプレーして、

「絶対に、勝たなければ!」

「負けられない!」

 

という、切羽詰った本気のガチガチのテニスをされている
わけではないと思いますので^^

 

楽しく、健康的に、テニスをプレーされるのであれば、
一通りのプレーができれば、テニスはそれだけで
十分楽しめるスポーツなのですから♪

 

 

永遠の中級者でも問題ないくらいです!

 

 

 

さて、本題なのですが、

 

テニスをプレーするにおいて、

「もっと上達したい!」

 

と、思ってしまうのも、
テニスプレイヤーの正直な気持ちだと思います。

 

 

確かに、この向上心がなければ、
テニス以外のことにおいても、何一つ上達せずに終わってしまいます。

 

 

『向上心』を持つことは、
人として、人が成長していく上で、物凄く重要なことです。

 

 

結果として、中級者となったテニスプレイヤーの
ほとんどの方が、上級者を目指していくとおもいます。

 

もしかしたら、若い方で『プロ』を
目指している方もいるかもしれませんねぇ♪^^

 

超!応援しちゃいます!!

 

 

 

そこで、私が上達を目指す方々にお伝えしたいことは、
テニスが上手になりたいからと言って、

 

『他人のマネばかりをしない!』

 

ということです。

 

 

なぜならば、他人と自分は、全てにおいて
まったく別の生き物なんです。

 

好きな食べ物も違えば、生活スタイルも違います。

 

基本的なことをあげると、

身長、体重、腕の長さ、握力、脚力、タッチセンス

 

ぜーんぶ違うんです。

 

 

私と、ゴリラ

 

たぶん・・・ 違うと思っています・・・ (笑)

 

 

 

ちょっと大げさですが、
このくらい、別の人間と自分には
良い部分も悪い部分も含めて、『差』があります。

 

 

これを、しっかり認識していくことで、
のびなやんでいた、あなたのテニスは、どんどん上達します!

 

 

例えば、ワイパースイング

 

 

最近は、流行もあって、
多くの人が、ワイパースイングを打ちたい!!

 

と思って、『ワイパースイングの打ち方』を
学ぼうとしています。

 

 

新しいことを学ぶことは、とても素晴らしいことであり、
生涯勉強!というように、立ち止まらないことも
何かを極めていく上では、必要なことであります。

 

 

では、もし、

自分のテニスのプレーや、自分の人間的な性格に対して、

「ワイパースイングでボールを打つ!」

 

ということが、向いていなかった場合。

 

 

それでも、あえてワイパースイングで
ボールを打つ必要があるのか!?

 

ということです。

 

 

綺麗に、体の流れを利用して普通に打つ方が、
ボールにも重さと威力がでて、

無理な動きをしなくても打てる為に、
手首などを怪我しない!し強い!!

 

 

でも、

ワイパースイングは、カッコイイし
何となく、強そう!

 

実際に

流行のワイパースイングで打ってみると
よく打ち方もわからない上に、手首が痛い・・・。

 

 

こうなってしまうんです・・・。

 

 

 

ワイパースイングで、普通のフォアハンドの
打球よりも、重くて速い打球を打つためには、

それなりの、『握力』が必要です。

 

ワイパースイングでは、

握力 = ボールのキレ

 

に繋がります。

 

 

 

いやぁ、○○さんのボールは昔は重くて苦手だったけど

何か打ち方変えたみたいで、それからは打球が軽くなったし、

コースにキレもなくなって楽になったなぁ♪

 

 

対戦選手に、実はこう思われていませんか!?

 

 

対戦相手は、教えてくれませんよ!?(笑)

 

 

自分のほうが優位に立てるようになったのに、
昔のほうが、強かったから戻したら!?なんて。

 

 

そう言われたところで、あなたの中では、

「自分の打ち方が変わって、やり辛くなったから言ってるのかな!?」

「絶対に変えないよ!!」

 

 

という、人間独特のいやらしい考えが浮かぶかもしれません・・・。

 

 

自分の上達は、自分でしかコントロールできません。

 

 

 

ですので、大切なことをお伝えしようと思います。

 

 

 

まずは、自分がどんな打ち方をしたいか?よりも、

「どんなスタイルでプレーしていきたいか?」

 

という、全体像を意識してください。

 

 

粘って勝つ!ネットに出て勝つ!ストロークで勝つ!

コースの振り分けで勝つ!サーブで勝つ!

 

 

いろいろありますよね♪^^

 

 

1球1球のボールのさばき方に対してもそうです。

ゲームメイキングにしてもそうです。

 

 

 

大切なことは、あの打ち方で打ちたい!ということではなく、

自分だけのスタイルで勝ちたい!もしくはプレーしたい!

 

ということです。

 

 

サービスキープは、こうやって取る!

リターンゲームは、こうやってブレイクする!

 

 

そこを、極めていくことが、

テニス上達の真髄でもあります。

 

 

 

フォアハンド側のコートに、きっつい!ボールを
急角度で打たれた場合、

 

あなたなら、どうさばきますか!?

 

 

いくつか選択肢があると思いますが、

それが、考える間もなく、瞬時に脳にイメージできなければ、

何をどう練習しても、まったく意味がないです。

 

 

あっ!試合などの勝負を意識しないで、

楽しく、健康の為に、怪我しないようにプレーされている方は、

逆に、上のような戦略や、勝負を意識したテニスを
考えるほうが、意味がないことですので、ご注意ください。^^;

 

 

 

勝負を意識するテニスは、

イメージ力が命です。

 

 

 

テニスの究極の真髄は、将棋やチェスと同じです。

 

陣取り合戦なんです。

 

 

自分が、相手コートのどの部分にボールを打ったら、

相手は、どのように動き、どこにボールを返球してくる。

 

そして、それに対して、自分はどのような動きをして、

どこに打つ。

 

そして、自分が相手を翻弄させて、

チェックメイトで、フィニッシュボールを打ち込む!

 

毎ターン、相手がサービスした瞬間、

そして、自分がサービスを打った瞬間に、これが全て見えないと

強くはなれませんし、上級には行けません。

 

更に、1ゲーム毎、1セット毎に、
ボールは打ちませんが、相手との心理的な駆け引きがあります。

 

技術的に、自分よりも劣ると思う人に
試合では必ず負けてしまう。

 

このような場合は、完全に上記のようなゲームメイキング能力の差
としか言いようがありません。

 

テニスは、心理戦です。

 

特に、プロ級のレベルになると、
『相手のミス』で勝つことは無くなります。

 

心理戦で勝利することが、プロレベルの試合の必須条件です。

 

 

他人の打ち方をマネすることよりも、
自分なりの、「勝ち方」を研究するほうが、

何万倍も、テニスはうまくなります。

 

勝てます!!

 

 

おまけで、お伝えしますが、

他人の打ち方には、他人しか知らない弱点があります。

 

その他人のマネは、その弱点も同時に受け継ぎます。

 

 

この打ち方の人は、このボールが苦手のはず!

 

ちょっと見る目のある人からすれば、
他人のマネの付け焼刃のテニスなど、所詮マネゴトなんです。

 

 

自分の究極スタイルを極めた人には、

『隙』というのが存在しません。

 

だから、強いんです。

 

 

対戦する相手の弱点がわからないことほど、

自分にとって脅威に感じることはありません。

 

それは、相手も同じです。

 

 

どこに打っても、穴がない。

 

 

相手にとっては、自分のコートが
どんどん、小さく見えてくるはずです。

 

「打ち込むところがない・・・ チェックメイトできない・・・」

 

 

相手の心が折れる瞬間です。

 

 

100%勝てます!無条件で勝てます!

こうなると、相手が勝手に悩んで、相手が勝手に自滅してくれます!!

 

 

くれぐれも、人のマネばかりすることで、

自分がそうならないように、気をつけてくださいね・・・。

 

 

 

あっ!勘違いされてしまってはいけないので、
最後にお伝えします。

 

私は、ワイパースイングを打つことが
いけないことだと言っているわけではありません。

 

自分が勝つためのテニスのプレースタイルに、
ワイパースイングを打たなければならない理由が
明確にあるのでしたら、どんどん研究して、
自分のものとして使いこなし、更なる強さを手にして下さい♪^^

 

ワイパースイングの最強のメリットが
自分のプレースタイルを、更にキレのあるものに
できる方も、沢山いると私は思います☆

 

 

 

では、また!

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す