錦織圭を育てたコーチのテニスレッスンDVDが新発売!

錦織圭テニスレッスンDVD

↑画像クリックで詳細が確認できます。とにかく凄いです!
錦織圭のそのままのフォア&バックが打てるようになります。一度ご覧ください。

Rio的このDVD紹介記事はこちら

テニス初心者が確実にうまくなるレッスン動画を発見!!素晴しい♪

image

Rioです。

テニスをはじめられたばかりの 初心者 の方に、
かなり!おすすめできる動画を発見しました♪^^

 

テニスは、はじめたてが一番重要であり、
一番大変なスポーツでもあります。

 


絶対に間違いない!重要ポイントを
しっかりとおさえたレッスン動画をご紹介致します!!

 

 

基礎中の基礎を、はずすことなく
しっかりと解説してくださっている動画ですので、

テニスをはじめたばかりで、まだうまくいかない方は
必ずチェックするようにしてくださいね♪^^

 

 

Rioがフルパワーで推薦する初心者脱出動画です!^^

 

テニス初心者!100%脱出Lesson動画集!!

  • Lesson1:フォアハンドストローク編
  • Lesson2:バックハンドストローク編
  • Lesson3:フォアハンドボレー編
  • Lesson4:バックハンドボレー編
  • Lesson5:スマッシュ編
  • Lesson6:サーブ編

 

ご紹介する動画では、テニスの基礎中の基礎のお話しかでてきません。

ですが、これが一番大事!!

 

 

基礎で失敗すると、その後において

一生失敗したまま、悩み続ける
テニスライフを送る羽目になります!要注意です!!

 

 

スランプに悩まされ、相手に馬鹿にされ、
それでも変なクセがついてしまっているので、

自分では、二度と修正できないレベルに育ってしまいます・・・。

 

 

せっかくはじめた、楽しいはずのテニスライフが・・・。

 

 

 

 

実際に、沢山のそのような方々を見てきました。

 

歳をとればとるほど、修正はできません!
経験を積めば積むほど、修正はできません!!

 

 

断言します!!

 

 

 

初心者の今が、一番大切な時です。

しっかりと、素直に忠実に、大切な基礎を覚えてくださいね♪^^

 

では!

 

 

Lesson1:フォアハンドストローク編

 

しっかりした基礎理論を、テニス初心者の方に
自然にレッスンしているとこが素晴し過ぎます!!^^

動画:5分4秒

テニス:フォアハンドストロークの基礎

 

 

Rioが心の底から推薦するのは、動画にもありますように、
緑ヶ丘テニスガーデンさんの実演動画です♪^^

 

Youtubeにアップされているテニス上達動画は、
基本的に断片化された中途半端な動画が多いのですが、
緑ヶ丘テニスガーデンさんの動画は、質が違います!

 

動画自体は、緑ヶ丘テニスガーデンの宣伝の一部となっていますが、
この短時間の動画の中に、重要ポイントは全て無駄なくつまっています!^^

 

 

テニス初心者の方からすると、 Youtubeなどにアップされている
どの動画も『勉強になるなぁ』と思うかもしれませんが、

「言ってること、やってること、めちゃくちゃじゃん!!」

 

という動画も沢山掲載されていますので要注意です!^^;

 

 

 

では、動画の補足解説をさせて頂きます。

 

動画の 1分30秒 あたりに出てくる、

image

『レディーポジション』

 

↑は、1球打つたびに毎回行わなければならない、

テニスの世界では、超!当たり前の基本の構えなのですが・・・。

 

 

「テニス暦10年です!!」キッパリ

 

こんな人に限って、

「できてねぇーーーー!汗」

 

ってことが、多いのも現実・・・。

 

 

image

 

「えっ!そっち!?w」

「いや!いや!いや!いや!必要ないから!!笑」

 

「むしろスッゴイダメな方だから、そっち!!w」

 

 

※画像解説:「両手ぶらり戦法!」明日のジョーの矢吹丈の必殺戦法である。
知らない方には、ご迷惑をお掛け致しました。^^;

 

 

 

テニス暦10年という自分よりもご年輩の方に、今更・・・

 

「言えない・・・ 絶対に言っちゃダメな気がする・・・」

「10年もソレなのには、絶対に物凄いキワドイ理由が存在するはず・・・」

 

 

言ったら、もう二度とココではテニスができなくなるかもしれない・・・

『KYなRio』って、ニックネームつけられそう・・・

 

「怖い・・・」

 

 

 

という、悪意がなくても、誰も教えてくれなかっただけでも、
謎なだけに、周りに対して精神的に「ひじょうに、きびしーい!」状況を
作り出してしまう可能性もあります。(実話)

 

 

 

 

 

変な汗がでてきましたので、話を戻します・・・。

 

 

 

この『レディーポジション』は、

  • リズムを整える為
  • 次の打球への準備をする為
  • ラケットの握りを1球ごとに調節する為
  • スイングパワーをあげる為
  • バランスを保つ為

 

などといった、とっても重要な役割を果たしますので、
最初のうちはヤリニクイかもしれませんが、

必ず1球ごとに、しっかりとするようにしてくださいね♪^^

 

慣れてくる頃には、その重要性が身に染みてよくわかります☆

きっとその頃には、意識しなくても
身体が勝手に、そのポジションに『戻っている』はずです♪

 

打って→戻って→打って→戻って・・・・

 

繰り返しですからね♪^^

 

プロの選手をみても、全員が例外なく行っています。
良いクセですので、確実に身につけましょう!!

 

 

 

はいっ!

『レディーポジション』の状態から、

 

image

 

『ターンポジション』いわゆる『テイクバック』へ!

 

動画でも、

レディーポジション ⇒ ターンポジション

の流れが解説されていますが、

 

とどめの解説を!!

 

 

 

レディーポジションで、セッツ!

image

 

からの~

 

ラケットを立てた状態(手首とラケットの角度90度が理想)で
ターンポジションへ移行します。

この時の注意事項は、以下↓

image

 

からの~

 

image

この状態で、テイクバックが完了!

まだまだ、ラケットは立ってますよ~!!

 

 

そして、しっかりとラケットを握っていない方の手である、

左手を相手コートに向かって伸ばしている とこが

今後の人生をわけるくらい、重要ポイントです!!

 

 

 

美しいフォアハンドストロークが、1週間で打てるか、

1年たっても打てないか・・・。一生打てないか・・・。

 

 

 

運命の分かれ道です!!

 

 

 

次は、ターンポジションから、

『ダウンポジション』へ!!

 

左足を、ボールに向かって踏み込んで

からの~

 

image

 

スゥーっと、スムーズにラケットヘッドの重みで
ターンポジションで立てていたラケットを、

地面の方向へ垂らしてきます。

実際には、ラケットヘッドをもう少し下に垂らしてもOKです♪

このあたりで重要なことは、

 

リラックス!することです。

 

力まず、脱力!!どこにも力は入りません♪^^

 

 

レディーポジション ⇒ ターンポジション ⇒ ダウンポジション と

一連の流れを、脱力してスムーズに、

軽い気持ちで行いながら~の~

 

 

image

 

来ました!ヒッティングポイントです♪^^

 

『コンタクトポジション』いわゆる『打点』です。

 

 

 

ここでまた重要ポイント!

image

 

動画では、さり気なく解説していますが、↑の画像のポイントは

初心者の方が上達するうえで、かなり重要な

 

キーポイントになります!!

 

 

常に、頭(目の位置)とコンタクトポジション(打点の位置)を
同じにすることで、『脳』が「この距離で打てばOKと認識します!」

 

 

これが非常に大事!!

 

安定したフォアハンドストロークを、最速でマスターする為には、
同じ高さ、同じ距離で、毎回フォアハンドストロークを反復練習することです。

 

 

初心者の方にありがちなのが、棒立ちになって足を動かさず、
『ボールにスイングを合わせるパターン』が多く見られます。

これは、下手糞な人の大きな特徴でもあります。^^;

 

 

立っている位置から動かないので、
バウンドが高いと、背伸びしたりして、
「アタフタ」して、とりあえずスイングしとこ・・・。

と、当てるだけの「万年しょぼしょぼストローク」

 

 

 

ボールが低いと、腕もひじも背筋も足も、
全部伸びきった状態で、当てるのが精一杯の状態でスイング・・・。

 

毎回色々な位置に飛んでくるボールに振り回されて「オタオタ」して、
いつまでたっても、安定したフォアハンドストロークができないんですねぇ。汗

 

 

 

 

 

ボールにスイングを合わせるんじゃないんです!

自分の安定したスイングの位置にボールを合わせるんです!

 

 

 

 

つまり、足をこまめに使って、
ボールが飛んできて、自分の安定したスイングの位置にすばやく移動する!

ということです♪^^

 

 

テニスにおいて、一番スイングが行い易く、
更に、力を上手に伝えやすく、キレイな放物線のスピンボールが打ちやすい

『コンタクトポジション(打点)』こそ、

動画で解説されている、『おへそ』の延長線上なのです♪^^

 

 

なので、初心者のころに行う『素振り』
常にこの位置だけで、まったく問題ありません☆

 

高い位置でボールを打つための素振りや、
低いボールを打つための素振りを、初心者の頃からやるのは、

いつまでたっても上達できない、逆効果になりますので
やってしまっている方は、直ちにやめるようにしましょうね♪^^

 

一つの安定したスイングがないうちから、アレもコレもやると、
全部駄目になります。(苦笑)

 

基礎があっての応用です!

 

 

ワイパースイングも同じですよ~♪^^

 

 

この基礎が「ビシッ」とできていないと、100%ワイパーは打てません!

そして、100%怪我します!!

 

 

コンタクトポジション(打点)は、

  • ボールにスイングを合わせるのではない!
  • 自らこまめにステップを踏んでスイングにボールを合わせる!

 

これは本当に色々な意味で基礎となり、
テニスが上達して、華麗にスムーズにストレス無く、楽しくできるための、

超!重要ポイントですので、
初心者の頃は、必ず常に意識してプレイされてくださいね♪^^

 

フォアハンドストローク編で、解説していますが、

バックハンドストロークの時も、ボレーの時も、
スマッシュの時も、全てにおいて必要になる項目になります!

 

 

まさに、基礎中の基礎!!

英語でいうアルファベットを読み書きできる状態です♪^^

 

 

 

はいっ!

安定したポイントでボールを打ったら~

 

image

 

 

『フィニッシュポジション』

いわゆる『フォロースルー』までを、
きっちり行って、1つのスイングの終了です。

 

まったくの初心者のうちから、ワイパースイングのように
左ひじの位置に『フィニッシュポジション』をとることは、自殺行為です。

 

基礎ができていないのに、カッコつけてやると、
テニスエルボーという症状になり、ラケットを握れなくなります!!

 

おかしなスイング、無理な力みがあると、
フォアハンドの場合、ひじの内側に痛みが走ります。

 

こうなると、テニスを楽しむどころではなく、
私生活まで満足に送れなくなりますので、本当に注意してくださいね・・・。

 

 

 

基礎が身につくまでは、きれいに大きく、左肩の上までスムーズに
ボールを打った流れで、画像のようにラケットを運ぶようにしてください。

 

その際、左手で画像のようにラケットを握るようにしましょう!!^^

これも1つのキーポイントです。

 

 

この動作をすることにより、一番最初の『レディーポジション』の
準備をすることにつながります!!

 

 

思い出してみてください♪

 

コレ↓

image

 

 

フィニッシュポジションは、コレ↓

image

 

フィニッシュポジションでは、重心は前方方向に移動しています。

 

このフィニッシュポジションの前に行く体重移動の流れに乗って、
右足を左足と平行になる位置まで移動させると、どうなるでしょうか!?

 

image

image

 

あら不思議!流れる動作の一連の流れで、『戻って来ました!^^』

いつでも次のボールが打てますねぇ~♪

 

 

これが、華麗な無理のないテニスであり、
美しいテニスです♪^^

 

 

まったくの初心者の方が、何よりも最初にできるようになるべき、

テニスの基礎中の基礎の運動なんです♪

 

 

このキレイな流れを作る為にも、

『体と地面の垂直軸を崩さない』

 

ということが重要になってきます。

 

頭をブラさず、常に安定した決まった位置でバランスの良い状態での

『コンタクトポジション!』をできるように、

 

動画の最後の『かごの極意』が、
とっても重要になってくるんですねぇ~♪^^

 

 

 

あの発想は、

お見事!!さすがです!!と、
思わず拍手してしまいました。笑

 

 

緑ヶ丘テニスガーデンさん!すげぇっす!!

 

 

これぞ、フォアハンドストローク&テニス初心者の
上達の極意だと、心から感じました。^^

 

 

 

 

長くなってしまいましたが、こんな感じで Lesson6 までしっかりと、
テニス初心者脱出方法を解説していく予定で御座います♪^^

 

 

是非、ご興味のある方は楽しみにされてくださいね♪

 

 

では、また!

 

最後までお読み頂き、誠にありがとう御座いました。感謝♪

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す