錦織圭を育てたコーチのテニスレッスンDVDが新発売!

錦織圭テニスレッスンDVD

↑画像クリックで詳細が確認できます。とにかく凄いです!
錦織圭のそのままのフォア&バックが打てるようになります。一度ご覧ください。

Rio的このDVD紹介記事はこちら

テニスはボディーバランスが大事!体重移動でボールを打とう!!

 

こんにちは!Rioです♪image

テニスはボディーワークを極めることが大事です!

もちろんテニス以外のスポーツでもそうですが、
ボディーバランスが優れている人ほど、
常に安定して『楽』にプレイをできます。

楽としたのは、無理のない
流れるような動きでプレイができる!

ということになります♪

 

前回ご紹介した、ハンマー投げの選手動画ですが、
これには、ボディーバランスの中でも、カウンターバランスの例になります。

 

カウンターバランスとは?

《「平衡おもり」の意》(相殺して、また、不足を補って)釣り合いを取ること。そのための力。均衡勢力。「アメリカの―としてEU統合が進められた」

参考サイト:kotobank.jp

 

となっているのですが、つまり引っ張られる力に対して、
同等の力を加えてバランスをとる。

ということになります。

もちろん逆に、押してくる力に対して、
同等の押し返す力を加えてバランスととるということでもあります。

 

『 運動神経がいい! 』

という人は、このバランス感覚が優れていることが多いです。

 

ちょっとテニスのプレイ中に、カウンターバランスが
どのように使われているのかを、ご紹介したいと思います。

 

凄く簡単にわかりやすい例をあげると、

「ボールをヒットして、体制を戻す時にも使われています。」

 

 

テニスラケットは、テニスをする方であればわかると思うのですが、
そんなに軽いものではありませんよね?^^;

300g前後の重さがあり、あれだけの大きさがあるのですから、
振り回すと空気抵抗もあって、重たく感じます。

 

もちろん、テニスは止まっているボールを打つスポーツでは
ありませんので、ヒットする際には相手の球の威力も
ラケットへの負荷としてかかってきます。

 

ですので、初心者の方によくある、

『手打ち!』

 

では、生きたボールなんて返せるはずがないのです・・・。

 

 

テニスで相手コートに、生きた威力のある打球を打ち込むためには、
体全身を使って、ボールを打っていく必要があります。

体全体の軸を回転させる力を使って、
流れるようにラケットヘッドの速度を上げて、
全身でボールをヒットします。

 

足、腰、肩、肘、手首、グリップ、ラケットヘッド。

 

人の体の中で、一番力を生み出せるのは、
『足』の力です。

そして、腰に続きます。

 

歩ける方の場合は、生まれた時から無条件に、
毎日運動を行なっている部分でもあり、
体重をささえている部分でもありますからね♪^^

 

それに比べて、腕の力なんて・・・。

ねぇ・・・。

 

 

この理由からも、テニスでボールをしっかりと打っていく
ためには、全身の力が必要なことがわかります。

 

とは言っても、『力み』は必要ありませんよ♪

 

原理は『振り子』の原理と同じです。

 

体全体を振って、ラケットヘッドに
パワーとなる、加速を与えていくのです。

 

ここで忘れてほしくないのが、

スピード = パワー です。

 

力み = パワー ではありません。

 

加速したラケットヘッドの体感の重さは、
通常の姿勢であれば、誰かに強く引っ張られているほど、
重たいものとなります。

 

しかし振り回されてしまっては、せっかくのパワーも台無しです・・・。

振り回されずに、生み出したパワーを上手に運用するために、
ボディーワークでカウンターバランスを使います。

 

カウンターバランスは、・・・

 

と、続きたいのですが、

またダラダラと長くなり、読む方も疲れそうですので、
今年から、メリハリをつけて記事を書いていことにします!笑

 

ということで、続きは次回です♪

お楽しみに!

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す