錦織圭を育てたコーチのテニスレッスンDVDが新発売!

錦織圭テニスレッスンDVD

↑画像クリックで詳細が確認できます。とにかく凄いです!
錦織圭のそのままのフォア&バックが打てるようになります。一度ご覧ください。

Rio的このDVD紹介記事はこちら

テニスラケットの握り方の種類:ウエスタングリップ

 

こんにちは、Rioです。

今回ご紹介するのは、『ウエスタングリップ』

imags

 

上記画像はイメージです。あしからず・・・

 

では、本題に!

 

このブログでも、

コンチネンタル → イースタングリップ → セミウエスタングリップ

と、順番に紹介してきまして、
セミウエスタングリップの後にくるウエスタングリップは、
皆様の想像がついていると思います。^^

 

g001_thumb

 

セミウエスタングリップは、2番に右手の人差し指と親指の間のV字が
くる握り方でした。(右利きの場合)

 

今回の、『ウエスタングリップ』では、
V字が、2番と3番の間にきます!!

 

images

 

画像では、このようになります。^^

 

手首を自然な状態にして、まっすぐ下に下ろすと
右手の人差し指と、親指の間のV字の頂点が一番上に来ると思います。

その状態で、そのままウエスタングリップでラケットを握ると
ラケットは真下を向きます。

 

ウエスタングリップの特徴

このウエスタングリップを多用しているプレイヤーの多くは、
ネットプレー中心の選手や、オールラウンダーではなく、
ベースラインから、強烈なストロークを打っていくプレイヤーに
よくみられます。

ベースラインからガンガン!パワーストロークを放つプレイヤーは
特にトップスピン系の重いボールを打ちます。

下から上に向かって、このウエスタングリップで握って、
ボールを擦りあげることにより、高速スイングの力が
そのままボールへのスピンに変わるので、激しく重く、
そして、安定した打球を打つことが可能となります。

 

ウエスタングリップのデメリット

ウエスタングリップは、パワーのあるトップピンボールを
打つことができるのですが、器用さに欠けます。

まさに、スイングのパワーをそのままボールに伝える
スタイルの握り方ですので、繊細なタッチには向きません。

ボレーやスライスも同じように、そのままのグリップでは、
握りの構造上、打つことができない握り方でもあります。

基本的には、パワーのあるフォアハンドを多用する場合専用の
握り方であり、バックハンド、ボレー、スライス、サーブなど
フォアハンド以外を打つ場合には、持ち替えが必要となります。

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す