錦織圭を育てたコーチのテニスレッスンDVDが新発売!

錦織圭テニスレッスンDVD

↑画像クリックで詳細が確認できます。とにかく凄いです!
錦織圭のそのままのフォア&バックが打てるようになります。一度ご覧ください。

Rio的このDVD紹介記事はこちら

ワイパースイングの打ち方講座!!

 

こんにちは、Rioです。image

 

最近、テニスをしているときに
ワイパースイングの打ち方を
どうやればわかりやすく伝えられるか
必死に分析しています。

 

自分で打つのは簡単なんですけどね・・・。^^;

 

さて、ワイパースイングの打ち方なのですが、
ほとんど感覚で打っているので、匂いの種類を伝えたり
暖かさを文章で伝えたりするとの同じ感覚ですので、
ちょっぴり難しかったりします。

 

でも、Rioさんがんばりまっせ!!

 

ワイパースイングは、テニス経験があり、
自分の打ち方が構築されてしまっている人ほど
覚えるのが難しいと思います。

 

理由は、習慣とクセです。

 

何事でもそうですが、習慣やクセほど
変えにくいものはないし、取り入れにくいものはありません。

 

私の通うテニスクラブには、
ちびっこジュニアプレイヤーや、中高生プレイヤーも多くいます。

 

テニスをはじめて間もないらしく、
ドリル形式の練習や、ラケットの振り方などを教わっている様子。

 

びっくりしたのが、最初からワイパースイングを教えるんですね!

ぶったまげました(笑)

 

そして、ちょっと上手な子達は、
メチャメチャ綺麗でキレのいいワイパースイングを打っています。

 

最初からその打ち方しか知らないから、
その子達にとっては、それが普通の打ち方なんですね。^^

子供は特に、フィーリングで物事を覚えていきますので、
あっという間に感覚でワイパースイングをマスターします。

 

ワイパースイングを打てない方の特徴は
ドアスイングの方にも多くみられます。

 

ドアスイングの特徴は、終始まっすぐ棒のようなスイングです。

 

直立して、利き手をまっすぐ横に伸ばし、
その状態を維持したまま、上半身をひねる。

 

まるで、ドアが開くように
まっすぐ硬いまま、体という軸を中心に上半身を回転させて
打つスイング方法が、ドアスイングになります。

 

一番威力がでなく、死んだボールが
ポーンと返るばかりでなく、

振り遅れるとどうしようもない方向に
ボールが飛んでいきますし、早く振りすぎても
とんでもない方向にボールが飛んでいきます。

 

融通が利かないんですね・・・。

 

ボールに緩急をつけることも難しく、
長いボールや短いボールを打つときにも、回転の力で打ち分ける
ことができないので、力の入れ方の強弱に頼ってしまいます。

 

弱く打つと、100%死んだボールになり、
相手のチャンスボールです。

 

緊張したりして力むと、必ずホームランとなり
相手側のベースラインをオーバーします。

 

ワイパースイングは、この打ち方では絶対に不可能です。

 

 

テニスは動作のつながりです。

 

サーブ1つ打つ場合においても、ひざから上半身に力を伝え、
上半身から肘まで力を伝え、肘から先に力を伝え、
それから手首、手のひら、グリップから、ラケットヘッド、
そして最後に、ボールに力が伝わります。

 

細かく分析すると、まだまだ指先やラケットフェイスでの
ボールの転がし方などの微妙な伝え方等ありますが、
今回は省略しています。

 

ワイパースイングを打つ際にも、同じように動作の流れが
存在します。ワイパースイングを理論で理解して打ちたい場合は、
動作の流れを理解しなければ、体が言うことを聞きません。

 

では、動作の流れを解説します。(全て右利き解説です)

 

片手打ちフォアハンドのワイパースイングは、
まず最初に、左足を踏み込んだ後に、肩が始動します。

 

この際、強烈なフォアハンドストロークの基本となる、
回転の軸は、頭から左足となります。

 

絶対に忘れてはいけないのが、左肩から左足にかけての
『壁』の力です!

 

フォアハンドの打球に力がなく、実際の力はあるのに
ボールが弱弱しく、へなちょこボールしか打てない人は、
この壁がない為に力が逃げて、うまくボールにパワーが
伝わらないからです。

 

パンチが効いたボールを打つためには
絶対に壁が必要です。

 

このためにも、テニスではラケットを握っていない手の
使い方がとても重要なんです。
(テニスでは、これが一番重要かもしれない。。。)

 

壁がなく、まともに打てていない、バランスの悪い
へっぽこワイパースイングでボールを打った場合は、
まず、ボールがネットを越えませんので注意してください。

 

 

肩が微妙に始動すると同時に、
グリップエンドが、どの部分の動作よりも早く打点に向かって
高速移動していきます。

握っている手の力の入れ具合は、インパクトの瞬間を10とすると、
1程度の力で、力が入っているのは握っている小指だけです。

重さは、支えている人差し指で感じて下さい。(重要)

 

そのまま高速移動しながら、グリップエンドが体を追い越していきます。

ワイパースイングを打つ場合の打点は、体よりも前になるのが基本です。

打点でボールを打つ時のグリップエンドの位置まで、
まずグリップエンドを運びます。

この状態の時に、腕が一直線に伸びます。

 

ここからワイパーの状態にはいります。

現状ではまったくグリップエンドに追いついていないラケットヘッドを、
一気に!!一直線に伸びている腕と一直線の位置まで、

ボールをインパクトする瞬間に

「グッ」と、グリップを強く握りながら、重さを感じている人差し指で
引っかき上げつつ、ラケットヘッドを前に放り出す感覚で打ち出していきます。

 

この、人差し指でラケットヘッドを前に放り出す感覚がないと、
実際にボールを打った時に、ボールが勢いよく飛んでいきません!!

 

もちろんこのときは、人差し指でボールを引っかき上げているので、
ラケットが下から上に向かって回転をしていますので、
フォロースルーでは、自然と手の甲が上になるように、手首が回転します。

プラス

後ろから前に運んできた、腕は
体に巻きつくような形でフォロースルーをとります。

 

 

【 注意事項 】

よく手首の回転を意識し過ぎる人がいますが、手首を傷めますのでご注意!!

あくまでも人差し指でラケットヘッドと腕が一直線になるまで、
「自然な感じ」で、スムーズに、前に押し出す感じで、引っかき上げて下さい。

決して、「キュッ」とか「クイッ」とか、
クイックな、変な力みは必要ありませんので、本当に気をつけてくださいね・・・。

 

手首を傷めて、テニスが出来なくなってしまいます。
ワイパースイングは、自然な体の流れだけで打てます!

 

だから、ちびっ子ジュニアや、中高生や、女性でも
スムーズに打てるのですから・・・。

 

どこか一部だけ力むような、無理な動きは、
ちゃんとワイパーできていれば、絶対にありません!

 

しいて言うなら、インパクトの瞬間だけ、
グリップ(小指から手のひらそして支える人差し指)を
しっかり固定する程度の力を入れて握る程度です。

 

あとは、正しいフォアアンドの基礎フォームが出来ていれば、
身体のひねりの威力、「壁」がはじき出すパワーと
腕の自然な振りの流れだけで、威力のある重いボールは打てますから。

 

フェデラーのラフな力みないテニススタイルの
一番の見習う部分でもあります。^^

 

勝ち続けている間に、大きな怪我や、どこか痛めて
試合ができなくなることもありませんでした。

 

無理のない自然の力だけで、無理せず最高の動きをしているからです。

 

テニスにおいて、無駄な力みほど、怪我に繋がるものはありません!!

 

怪我するくらいなら、無理してワイパースイングにこだわるのは
絶対に止めてくださいね・・・・。

 

画像解説コーナー☆

わかりやすい画像がボケていたので、勘弁してください^^;

 


注目するところは、すぐそこまでボールが来ているにもかかわらず、
ここまでグリップエンドを高速移動させてきている部分です。

しっかりと固定された、左手の壁にも注目です!

fd01

右肩から、グリップエンドの位置までが、
ほぼ一直線になるまで、ラケットヘッドは遅れています。

普通なら、既にココでインパクトをしている状態です。

 

 

fd002

一気にラケットヘッドが追いついているのがわかりますか!?

①の状態から、小指をしっかり握った状態で、
人差し指を使って、インパクトの位置まで「スッ」と自然に
ラケットヘッドを放り出すように持ってきます。

まだ、肩からラケットヘッドまでは一直線になっていません。

ここから、一直線の位置まで、
ボールをラケットに乗せながらはじき出していきます!

 

左手の壁がでしっかり固定されて作られているので、
①の画像と、まったく同じ位置に左手が固定されています。

これが、「壁」です!

これにより、力が左手方向に逃げてしまうのを防いでいます。
全ての力の集中点が、ラケットヘッドに集まっている証拠です!

 

 


肩からラケットヘッドまでが一直線になった瞬間です!
振りが早すぎて、画像が汚い!!!ゴメンナサイ・・・

一直線になったころには、
既にボールは、はじき出されています。

fd003

 

これだけ一気に、ラケットヘッドを引っかき上げながら
前に放り出すので、自然と手首から先の回転のほうが、
腕の回転よりも早くなります。

その回転のインパクト後の力を逃がす為の動きとして
手首が自然に内側に回転するのです。

まだ、しっかりと左手の壁は維持されています!
本当にコレが強打の為に一番重要ですので、しっかり見習いましょう!

 

 

一通り、ワイパースイングを解説してきましたが、

 

見たいですよね?

 

ワイパースイングの様々な角度からの、スロー動画!

 

 

見たいですよね!?^^

 

 

Rioがあなたの為にご用意致しました!!☆

 

何回でも見てください♪

 

ワイパースイングスロー動画

※1分30秒あたりのスローで、人差し指の使い方がよくわかります。

理論として、記事文章で理解して、
感覚として、動画で理解してくださいね♪^^

 

何回も読んで、何回も見ることで、
脳みその中に、ワイパースイングの打ち方が、

理論とイメージの両方で完璧に出来上がります!!^^

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のトラックバック

コメントを残す